水サーバーの電気代は比較すると実は安い?

無料でレンタルできる水サーバーのよさを水サーバーレンタルの心得で行ってきましたが、水サーバーも当然お金がかかる部分があります。

電気代と水代だけ気にしておけばよいのですが、どのくらいの電気代がかかると考えておけばよいのでしょうか。答えは500円~1,000円くらいです。

高いでしょうか安いでしょうか。私は安いと感じました。実際には使用頻度によって電気代は変わってくるので正確な料金をとるのは普通の家庭では難しいですけどね。

電気ポットと電気ケトルと水サーバーの電気代比較

ウォーターサーバーは冷水と温水がでるので、この時点で電気ポットと電気ケトルにしょうりしているわけですけど、よく比較対象になるのがこの2つです。

まず電気ポットなのですが、一般的なやつでずっと保温しておき沸騰などを再度行った場合1日約30~40円程度かかります。

電気ケトルも沸かす回数によりますが平均的には30円くらいでしょうか。

両者ともお湯を再加熱などで沸かすたびに電気代が発生してくるという点で一定の電気代を出すのはとても難しいですが、一か月で換算すると約1,000円くらいとみておけばよいと思います。

ウォーターサーバーはいちいち再加熱などはしなくてもOKで500円~1,000円。しかも温水だけでなく冷水も出るのです。

ペットボトルも冷蔵庫で冷やす時は正確な電気代を算出する事は難しいですが確実にかかっています。冷蔵庫は入っている容量(リットル)が多ければ多いほど消費電力を食いますからね。また、ペットボトルの水をお湯にする時は当然ガスを使いますからガス代もかかります。

水サーバーの電気代ってずーっと稼働させているから負担になるのかもしれないと考えている方が多いのですが、どちらにしろ冷やしたり沸かしたりする水なわけですから、既存の製品と比べるとかなりエコシステムだと言えませんか?

冷蔵庫の空きスペースを作ることができるのもメリット

真夏が近づいてくると冷蔵庫に体を冷やすための飲み物を詰め込む家庭が増えると思います。水サーバーをレンタルする事で間接的なメリットは、2リットル型の大きなペットボトルが陣取っていたスペースを開放する事が出来るのも大きなメリットですね。

50リットル型の冷蔵庫だったら半分の25リットルを冷やすためにはペットボトル12.5本当いう計算になります。邪魔くさいですし、電気代も実際結構食いますし、他の野菜や食材を冷蔵庫に入れられなくなってしまいます。水サーバーなら12リットルとか8リットルとかの水を場所もとらず効率よく衛生的に飲めるわけ。

まあ例えでだした、ペットボトルをそんなに冷蔵庫に詰め込む人はいないと思いますけどね。まとめ買いした水を冷蔵庫以外で保管しておくのも結構邪魔くさいですしね。

水サーバーの電気代はどう考えても実は安いし、下手をすると今まで使っている電気代よりも安くなる可能性を秘めていると考えています。

最初にも水サーバーの利用頻度にもよるといっているとおりなので、水サーバーを導入する前とその後の電気代を比較してみると多少は差がわかるのではないかと思います。

季節によって違うので正確には計れないと思いますけどね。

電気代の嘘ホントという話で、エアコンはつけたり消したりする時が一番電気代がかかるって知ってました?それと似た電気の消費なのかもです。だから冬場とか夏場にエアコンはずっとつけっぱで比較しても面白いかもですね。